--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.08

自己流


坐禅と言っても、
うちには畳も座布団(坐蒲)もないので、ベッドの上に坐ります。
お尻の下に、たたんだ毛布を敷いて。

足の組み方。
恥ずかしながら、足の関節が硬過ぎるようで、
結跏趺坐も半跏趺坐もできせん。
なので、しかたなく胡座(あぐら)で。

手は白隠流。
目は半眼。

そうして姿勢と呼吸を整えた状態で、
だいたい十分程度、坐ります。

胡座だと、やはり姿勢の安定度がイマイチです。
一度だけ、無理して半跏趺坐をキメてみたところ、
見事に上半身が安定したのを感じました。
でもやはり「この足で坐り続けるのはムリ・・・」と断念。

坐禅と平行して、足のストレッチも日々やっているので、
いつの日か、半跏趺坐(欲を言えば結跏趺坐)で
坐れるようになりたいです。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。