--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.24

一生もの


お店で「これ、一生ものですよ」って、
たまに言われるけど、

その時言ってる「一生」って、
物の一生じゃなくて、僕(買う人)の一生ですよね?

だとしたら、自分が一生付き合う物を
さっき会ったばかりの他人に決められたくはないし、
そもそも、よくそんなこと簡単に口に出せるよな、
と思ってしまう。
この記事へのコメント
あはは、「本当にななちゃんだ」って面白い!

旧友の再開の場になれたようで光栄です。
削除せず、残しておきますよ。
Posted by sekikawa at 2007.12.14 07:32 | 編集
ななちゃん

わ~い、本当にななちゃんだ。
blog楽しみにしているよ。
写真いいのがたくさん撮れるといいね。
ありがとうね。

あおちゃん、ごめんね。
私のもあとで頃合い見て削除してね。
Posted by ともちゃん at 2007.12.14 06:16 | 編集
(☆せきかわさん、わたしも横レスさせてー。また、頃合い見て消してね。)

ともちゃんへ。
久し振り!
覚えていてくれてありがとうね。
PCでは、随分ココにも来て無かったんだけどね。
携帯で見れない画像ありで、気になるし思わずPC付けてみちゃったワケさ。
そいじゃ、コメント入れたくなっちゃったってワケさ。(笑)
というわけで、、、
わたしは元気にしておりまする。
ありがとね~


せきかわさん、ど~もありがと~!

ブログ、いま、やりたくってウズウズしてる。
一レフも、ちょっと、練習したりとかしてるねん。
なかなか上手くいかないけれどもね。(笑)

K-1(?)の帰りのプラットホームのん、ちょっとびっくりして、一瞬ひやっとしてしまったけど、(って、何と勘違いしたのか・・・苦笑) 
こんな偶然撮れた写真もいいなあ。
(って、わたしまだ、オートマばっかなんだけどね。。)

K-1は良かったみたいですね!!




Posted by なな at 2007.12.13 17:39 | 編集
横レスでごめんね。
ななちゃんはあのななちゃんだよね。
何か、ここで会えてすごく嬉しいよ。
連絡のとりようがなかったからさ。
元気なんだね。
ここに来ればまた会えるね。
とっても嬉しいよ。
クウネル、私も見てみるね。

あおちゃん、ここに書いちゃってごめんね。
まずかったら削除してね。
Posted by ともちゃん at 2007.12.08 07:33 | 編集
ななさん、こんにちは。

一生ものに値段は関係ない。
とは言えども、値段はある程度「質」に比例するので、
一生使うものとしての丈夫さが担保されていることは大事ですね。

それを保証する質がある、
という意味での「一生もの」なのかなー、
店員さんが仰るのは。(と、今度はヘリクダッて書いてみる・・・)

僕も場合、単純に、太い糸が使われた服にしびれるよ~。

それにしても、ハイパーワールド~って・・・
なんだか、とても近未来的な部屋を想像してしまうよ。

話は戻るけど、「一生もの」は、
作り手が押し付ける言葉ではなくて、ななさんの仰る様に、
やっぱ、使い手に言われて幸せな言葉なのだと思います。
Posted by sekikawa at 2007.12.06 11:42 | 編集
すいません。
古いものというのはやはり結果で、しびれるのは手作りの方だったね。

ソニア・パークさんに、すいません。
Posted by なな at 2007.12.05 05:24 | 編集
うははは!

そのお友達、いいなぁ~
私も19.000円で一生もののレザーコート、ほしい。
お店の人に薦めて貰いたい(笑)

私は、何となく「一生もの」と聞くと、
とても高価なモノで、さらに、手作りでアンティークなどの一点ものを
思わず連想してしまいます。
(でもアンティークは結果論かも。
ほら、今は新しくっても、一生持ってると
結局アンティークに繋がるやん?(笑))

でも、例え品物がそうで無くても、価値ある(と思える)モノって沢山あったりするし。

まあ、何にせよ、お店の人がどういう理由で
そのコートを「一生もの」と言ったのかが、気になるわ~。(笑)

ところで、↓記事のソニア・パークさんの古着というものが大変気になり、私も早速書店へ。
お話の内容も然ることながら、
『古いものに「しびれる」』という表現をするソニア・パークさんに、
めっちゃ、しびれちゃったよ~!
そして、そういう人に「一生もの」と言われた
作り手の方は、幸福だし幸運だろうね。

いつもは図書館で予約して
長い時間かけてようやく手に取るクウネルだけど、
わたしも今回は思わず購入しちゃった。(笑)

他にハイパーワールドインテリアという雑誌(?)も
すごく気になったけど、2.800円以上するのでダンネン・・・。これはやっぱ図書館だな~。










Posted by なな at 2007.12.05 05:09 | 編集
ななさん、お久しぶり。

僕は「その一言」に引っ掛かっちゃうタイプかな(笑)
「一生モノ」の言葉で買ったりはしないけれど、
店員さんにそう言われると、若干、買った後の優越感が増大します・・・

以前、友人と一緒に買い物してたら、
1,9000円くらいのレザーコートを「これは一生モノですよ」って
薦められて(友人が)。
値段の問題ではないけれど、
さすがにレザーがその値段で一生モノとは・・・ちょっとキツイかなと。
で、その友人は買ってた(笑)

雑誌なんかでも、よく「一生モノ特集」してて、
それはそれでいいんだけど、
結局それはモノ側・作り手・売り手が決めることじゃない、
って、ふと思っちゃったのでした~。
Posted by sekikawa at 2007.12.04 08:11 | 編集
お店の人が自信満々で太鼓判押せちゃうくらいの、
価値のある品物だったんだろうけど、
確かに言い切っちゃうのっておかしい。
「個人的には」とか付け加えて欲しいよね-。
それとも逆に価値ないもので、洗脳だとしたら笑えるけどね!
関川さんの様な引っ掛からないお客様に「ちっ」。(笑)
しかしその「一生もの」とは?
私は今まで「一生もの」を薦められたことがないので、
その関川さんの見る眼が羨ましいくらいだよ-。
Posted by なな at 2007.12.03 02:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。