--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.12

untitled


よく「哲学は単純な現実をややこしく表現したものだ」と思っている人がいますけど、逆なんですよね。現実は哲学で語り切るにはあまりに巨大で複雑なんです。だから「わかりにくい哲学」というのがありますけど、あれは現実の複雑さになんとかついていこうとして息も絶え絶えになったものなんです。ちゃんとした哲学がわかりにくいのは、それがぼくたちの生きている当たり前の現実にできるだけ近づこうとしているからなんです。
だから現実を深く生きている人というのは必ずある種の哲学者になってしまうんです。

内田樹
この記事へのコメント
ともちゃん、

浅さも、極めていったら、
そこにある種の深みが出てくるものなんでしょうか。

いったん深さを通過した浅さなんて、憧れですねー。
Posted by ichiro at 2009.01.13 21:06 | 編集
あ、言い得て妙というか。
わかる気がします。
私は哲学者になり得るのかしら。
浅すぎて赤面。
Posted by ともちゃん at 2009.01.12 14:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。