--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.13

アリジゴクの季節


アリジゴクって、

幼虫だって知ってました?
何度か脱皮を繰り返して成虫になると、
別の、トンボみたいなやつ「ウスバカゲロウ」になるって。

しかも、
生まれたての幼虫は、前にしか進まなくって、
一回目の脱皮後には、後ろにしか進まなくなる。

一歩一歩、マイペースなやつなんです(笑)

今頃はちょうど、成虫のウスバカゲロウが、
あちこちに卵を産み落とした後だろうと思います。

そろそろ、アリジゴクの季節です。
この記事へのコメント
なっちょさん、

うわぁ~、残酷少女ですね~(笑)

上に書いたこと、僕は写真絵本で知ったのですが、
その本を作るための撮影でも、きっと、
多くのアリたちが「砂の城」に投げ込まれたことと思います。

でも、知ってますか?
大きなアリの場合、アリジゴクの方が
逆にやられてしまうこともあるらしいです。

ってことで、残酷少女の前に現れるのは亡霊だけでなく、
生きて還って「よくも落としてくれたな~!」って
激怒してるアリって可能性も・・・くれぐれもご用心を(笑)
Posted by sekikawa at 2007.10.13 20:23 | 編集
アリジゴク観察が大好きだった子どもの頃。
あの「砂の城」の中にアリを引き込むシーン
見たさに、アリを捕まえてきては落としていた
残酷少女。
「恨めしや~」と私の前に現れるのはきっと
アリの亡霊だと思っています。
Posted by なっちょ at 2007.10.13 13:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。