--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.21

電線と鳥




香をかぎ得るのは、香を焚き出した瞬間に限る如く、
酒を味わうのは、酒を飲み始めた刹那にある如く、

夏目漱石『こころ』より


かなり久しぶりに
小説なるものを読んでみている
今日この頃ですが、
夏目漱石、面白いですね(今さら・・・)。

しかも、こんな名作が
文庫でたった\362で買えちゃうなんて、
驚きです(これも今さら・・・)。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。