--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.27

酒や麻薬による幻覚




妹家族の新居にて撮ってきたぬいぐるみ。
タイのものだそうです。

「pink elephant」と書こうとして、
綴りは合っているかな?と翻訳サイトで確認してみたら、
なんと、その日本語訳は「酒や麻薬による幻覚」だそうです。

70年代くらいにできた造語(象語?)でしょうか。
あちらでは、ピンク色した象を見ちゃう人が多いんですね。
こういう例えは、各国独特の言い回しがあって面白いですよね。

ちなみに、
「酒や麻薬による幻覚」を英語に翻訳し返すと、
「Illusion caused by sake and drug」だそうです。
「sake」なんだね。
「alcohol」じゃないんだね・・・

(ちなみに、excite翻訳)
この記事へのコメント
おひさまさん、

読んで頂いて、
ありがとうございます。

これからも、どうぞよろしく。
Posted by ichiro at 2008.05.28 22:01 | 編集
読ませてもらいました。ありがとうございます。
Posted by おひさま at 2008.05.27 21:42 | 編集
ともちゃん、

そうですね。
ピンクの象って、絵本にもたくさん出てくる。

かわいいし、親しみやすいから、
幻覚として出てきても、
一緒に遊んじゃうかも知れませんね。

そんな願いを込めた「pink elephant」かも。
Posted by ichiro at 2008.05.27 20:19 | 編集
そっか~。
ピンクの象だなんて、かわいいし、夢があるなあって思っていたけど、
そんな意味があるなんて。
酔っぱらうとピンクの象が見えちゃうんだ。
おもしろいねえ。
Posted by ともちゃん at 2008.05.27 14:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。