--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.16

休日




お昼に、お弁当を買ってきて、
何気なくテレビをつけたら、やっていました。
NHKの『テレビスポーツ教室 バスケットボール』。

1対1の練習。
必死にプレーする生徒&喋りっぱなしのコーチ。

印象的だったコーチの言葉をメモ。

「ディフェンスは、抜かれることを恐れずに
 プレッシャーを掛ける。そこで1対1を楽しむ。」

「ゲーム(試合)は1対1の集積です。」


1対1の練習では、
基本的にオフェンス側が不利だと思う。
やることが「自らゴールに向う」ことしかないから、
ディフェンス側が考慮すべき「攻めの手」が限られる。

だから、
コーチ曰く「1対1の集積」であるゲームにおいて、
いかに自チームの1人に有利な状態を作った上でボールを渡し、
1対1を開始させる(あるいはフリーを作る)か、が重要。
もちろん、試合はチームプレイ。
だけど最終的にシュートを打つのは、ひとり。
その際の「有利なひとり」をいかにチームで作っていくか。


と、まぁ、青春時代に頭でも解せず、
もちろん身体でもできなかったことを、
身体の動かなくなった今、理論だけで組み立て直してみる(笑)

そんな休日。
この記事へのコメント
hitter鶴さん、おはようございます。
今は日本におられるのかな?

僕も、最近どころか、永ら~くバスケしてません。

その、人任せ的な方も「もてもて」なのですか?
それはちょっと納得がいきませんが(笑)、
僕の場合は、とにかく自分がバスケしたくてしょうがなかったので、
大して好きでもないのにゲームに付き合ってくれる人には、
ホント感謝してました。

ジョギングは、
敢えて言えば「自分」とか「コース」との闘いという
客観的には地味ぃ~な感じですもんね。

修行僧の山歩きも、歩くというよりは、
小走り(ぎみ)と聞いたことがあります。
Posted by ichiro at 2008.02.17 09:55 | 編集
最近、全然バスケットしてませーん!

ところでジョギングとバスケットをするので、それ関係の友人が多いのですが、バスケは集団競技ゆえ自分がダメでも誰かがやってくれる的なチャラチャラ・もてもてくんが多く、走るほうは自分しか頼る者がなく、己に勝たねば的な修行僧が多くて、人間観察するのが面白いです。
Posted by hitter鶴 at 2008.02.17 08:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。