--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.27

金曜日に、




今月末の発売と聞いていた書籍を、
たまたま立ち寄った書店で見つけたので
即購入しました。

去年から、待ちに待っていた本。

向って右が我が師です(勝手に)。
装丁的には、確かに一目見て「対談」と分かる設え。
だけど、もうちょいさり気ないデザインだったらなぁ・・・

南師の発言より抜粋:

『(前略)僕がとくに禅の言葉にシンパシーを感じるのは、そこに〈ぜったいに閉じさせまい〉という覚悟を感じるからなのです。〈閉じたら駄目だ〉という明らかな意思を感じます。そこが、僕が禅に強く共感するところです。〈閉じる〉というのは、ある問いに対して「答えはこれだ」と一つの答えをポンと出して、問いを塞いでしまうことです。それは、玄侑さんの言葉で言えば〈異界を異界でなくしてしまうこと〉であり、〈わかったことにしてしまうこと〉です。』


まだ前半部しか読んでません。
ゆっくりと少しづつ、
読み進めて(は戻って)いこうと思ってます。
この記事へのコメント
kohさん、こんにちわ。

確か、まんぷくさんのHPにも、
白隠禅師の言葉が引用されていましたよね。

学生時代に、既に禅に出逢われていたとは。
僕が興味を持ち始めたのはここ一年くらいです。
そして、色々と読んでみてビックリ。
あまりにも、それまで自分が持っていたイメージと違って・・・
(上の方がたまたまそうだっただけかも知れませんが・・・)

そのうちお話できたらいいですね。
僕も、まだほとんど分かっていないので、
また違った意味で禅問答らしい(つまり意味の分からない)
お話ができることと思います(笑)
Posted by ichiro at 2008.01.27 18:31 | 編集
禅には興味有りです。

学生時代に落ち込んでいたとき、
禅の本を読んで光が見えた気がしました。
が、何が書いてあったらいまではすっかり忘れてしまいました…。

今度お会いしたときにいろいろ話を聞かせて下さい。
Posted by koh at 2008.01.27 13:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。