--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.31

三面の光




玄関脇のガラスブロック、
その、ちょうど3つ分だけ、
さわやかな朝の光が差し込んでいる。(今朝ではない)

ちょうど3つ分というのが、
なんだか、やけに気になってパチリ。

突然ですが、僕は掃除機が好きではありません。
なぜなら、フローリングなどの硬めの床にかけると、
「ガツッ ガツッ」と硬いもの同士がぶつかり合う
いかにも物が壊れそうな音と感触がするからです。
(カーペットや畳なら良い)

なので、独り暮らしを始めて以来ずっと、
ほうき&クイックル派。
スポンサーサイト
Posted at 23:56 | photo+text | COM(0) |
2009.01.31

untitled


なぜならうまく語ることなんて統治の方法でしかないからで、
意思の疎通が可能となるのは、共通の《不器用さ》によってのみである、

堀江敏幸『回送電車』より、
ブリス・パランの小説からの言葉だそうです。
Posted at 23:25 | text | COM(0) |
2009.01.28

untitled



Posted at 22:25 | photo | COM(0) |
2009.01.26

untitled


自分にしてほしくないことを他人にしないというのも一種のエゴイズムなのだから。

堀江敏幸『砂売りが通る』より
Posted at 23:48 | text | COM(0) |
2009.01.25




本というものは、
読めればいい、つまり、
図書館や人から借りて(あるいは立ち読みで)と、
とにかく内容に触れることができればいいかというと、
そういうことでもない様に思います。

お金がない時なんかは、
「これから本は買わない!」
「図書館で借りる!『貸出中』なら、待ってでも借りる!」と、
決意したりもするのですが、やはり、
装丁なども含めて、その物を「所有する」ことの
喜びというか、楽しみというか、満足感というか・・・

それを求める気持ちも、どうしてもある。

ということで、
写真の本たちは、自由が丘の古本屋で1冊¥100。
なかなかの名著(と言われているもの)も有り、
お買い得でしょ。


追伸:
先日、やはり1枚¥100で買ったサザンがいい!
なんか、色々思い出した!やっぱいい!
Posted at 09:42 | photo+text | COM(2) |
2009.01.24



Posted at 20:47 | photo | COM(0) |
2009.01.22

時と場合による。



Posted at 22:00 | photo | COM(0) |
2009.01.20

untitled



Posted at 23:50 | photo | COM(0) |
2009.01.20

珈琲は、




深煎りを濃いめでいれる
というのが好きだったのですが、
そうすると、ホント苦くて。
砂糖の量も、ついつい多めになってしまってました。

ところが先日、気まぐれで
いつもよりもやや薄めにいれてみたら、
それで充分に美味しいではないですか!
しかも苦みも弱まるため
砂糖の量も今までの半分でいい!

自分でゴリゴリして、いれ始めて、
約二年で、好みが少し変わったようです。


写真は、
今年、富岡八幡宮の骨董市にて購入。
お店のおばちゃん曰く小山富士夫さん・・・
の息子さん(笑)の作品だとか。

やや小ぶりだけど、いい感じ。
¥2500を値切って→¥2000で。
Posted at 23:01 | photo+text | COM(0) |
2009.01.17

やみつき。



Posted at 22:27 | photo | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。